ちきゅうにやさしい

‪わたしはその日も朝のニュースバラエティを見ながら歯磨きをしていた。‬


‪🌟‬


‪ピピピ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜ッ(不協和音)‬

‪【速報】明後日、世界は異常気象で沈没します★★★プレミアムフライデーだから今日と明日は学校もお仕事もおやすみになったよ!やったね!✨‬


‪あまりにも自然すぎるそれに''そっか〜〜''としか思えなかった。‬

‪わたし、もともと死んだように生きてたし。‬


‪いつも通りご飯を食べて、いつも通り化粧して、いつも通り服着替えて仕事に行こうとして「あっ」‬

‪今日と明日おやすみになったんだった。。。。。。‬


‪せっかくだし外に出てみたんだけど、街中お祭り騒ぎで、この世の終わりみたいな顔してみんな笑ってた。‬


‪街中が全部夜店になってて、蛍光ピンクの空にはずっと花火が打ち上がってて、なんか胸がぎゅってなっちゃた〜‬


‪夜店を見て回ってたらひとつだけ【政府】ってお店があって、人だかりをかき分けて、やっとの思いでお店の真ん前まで来たんだけどそこには‬


‪""人類永⌒∇⌒久不滅""‬


‪って書かれたデモの時に使うような横断幕と、おっきい水槽があって、水槽の中で「いぬ魚」「ねこ魚」「人魚」「うさぎ魚」が水の中で当たり前のように暮らしてた。政府の長年に渡る実験の成果なんだって。これが。きもちわる〜‬


‪その時こわくて、きもちわるくてたまらなくなって、嘔吐しながら発狂しちゃった。‬



、「、、、ヲ、ィ、ェ 」ー」ア」イ」ウ

」皀筌 」リ」ル」レ

竺軸宍雫七 而耳自蒔・ゥ

ハクサ嵂ス、ア・ム・ソ。シ・

オ。ヌス。ヲクヲオ

。チ。ス。ン。�。ュ


(^-^)/チーン


「「そこまで自然に抵抗してまで生きるぐらいなら自然に死にたいよ〜!」」


やっとちゃんと言葉を話せた。

って思ってたのも、つかの間で、

すぐに政府の人たちに取り囲まれて川辺に連れてかれて、わたし、花火にされちゃった。


ぴぴちゃん(裏切り者)

ってレッテルを貼られた花火は高く、高〜〜〜〜く打ち上がった。蛍光ピンクの空に、世界を包み込むぐらい大きくて、やさしくて、儚くて、みんなきれいだね〜って見上げてくれたんだ。わたし、ずっとなりたかったエコマークになれたんだよ!


「そっか〜、この、ずっと打ち上がってる花火たちはみんなわたしと一緒だね(笑)」



ってゆう夢。

ぴぴちゃんは今日もがんばるぞー